べる皮ふ科専用診察アプリ
ダウンロードはこちら

バーコードをかざすだけで受付できる
チェックイン機能、次回ご予約表示など、
カードレスな診察券としてご活用いただけます。

その他、ポイント情報や診察履歴の確認、
お得なキャンペーン情報等を
お届けいたします。

メニュー

逆さまつげ

逆さまつげとは、まつげが外向きに生えず、内向きに生えるため、眼球にまつげが当たる状態のことをいい、ひどくなると結膜炎、視力低下などを起こすこともあります。

上眼瞼の場合

軽い逆さまつげであれば、切らずに糸でまつげを上向きにする方法もあります。程度がひどい場合は、皮膚切開をし、眼瞼挙筋の機能を使いつつ、まつげを上向きにする必要があります。内側の逆さまつげがひどい場合は、蒙古ひだが原因の場合もありますので、その際は、目頭切開が必要な時もあります。

下眼瞼の場合

①程度が軽い場合は、切開せずに糸でまつげを外向きにする方法があります。上瞼を二重にするときにように糸をかけるので、下眼瞼内側に線は入ります。また糸で止めているだけなので、糸が外れると再発する可能性はあります。

②程度がひどい場合は、まつ毛の下を切開し、まつ毛が外向きになるようにしっかりと瞼板を下眼瞼けん引筋腱膜に固定する必要があります。まつ毛が下を向くと閉創するときに皮膚が余ることが多いので、余剰皮膚はその際に切除します。

③年配の方の逆さまつげは下眼瞼内反症と言われ、加齢により、瞼の張りが失われ、弛緩することで、下まぶたが内側を向いてしまうことが起こるので、その場合はまぶたを水平方向に引き締める手術が必要なこともあります。眼輪筋の皮弁を作り、それで下眼瞼を引き締めて、下眼瞼の弛緩を取ることで、睫毛を下に向けます。

 

保険治療可能な手術となっておりますので、お気軽にご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME