べる皮ふ科専用診察アプリ
ダウンロードはこちら

バーコードをかざすだけで受付できる
チェックイン機能、次回ご予約表示など、
カードレスな診察券としてご活用いただけます。

その他、ポイント情報や診察履歴の確認、
お得なキャンペーン情報等を
お届けいたします。

メニュー

しみ取り・そばかす・肝斑

使用機器

VISIA, enLIGHTen(ピコレーザー), エクセルV,eCO2 Evolution(CO2レーザー), POTNZA(針高周波治療)

enLIGHTten(エンライトン)

Nd:YAGレーザー(波長1064nm, 532nm), ピコレーザー

特殊な増幅器を内蔵しているので幅広い照射径と出力を自由に調整できます。照射時間は750psと数あるピコレーザーの中では比較的照射時間は長めですが、その分濃いしみなどにも対応できます。ただし、2次性色素沈着は出やすくなるので、照射は熟練した技が必要となります。またパルスを2発並べることで疑似的に2nsecのナノ秒のレーザーも照射できるので、濃いしみ、隆起していないホクロの治療もできます。

エクセルV(エクセルVホワイト)

ロングパルスKPTレーザー(532nm)とロングパルスNdヤグレーザー(1064nm)が使え、さらに中空照射と接触照射が出来ることで、治療できる範囲が広がります。532nmはメラニン、ヘモグロビンの吸光度が高く、くすみ、赤ら顔の治療が可能です。接触照射でフォトフェイシャル(光治療)様治療が可能です。

しみの種類

しみの種類によって治療法も異なってくるので、正しい診断をつけることがとても重要です。当院では最新の皮膚画像解析システムVISIAを用いて、シミの診断を行い、適切な治療法をご提案し、治療中や一連の治療終了後に再度VISIAを用いて、その治療が適切かどうか、別の治療が必要かどうかを判断していきます。

(1)そばかす:幼少に発症し、頬に左右対称な1~4mm多発する色素班のことをいいます。

(2)肝斑:紫外線と女性ホルモンの影響を受け、両頬を中心として地図状に発症します。

(3)紫外線しみ:日光性色素班、老人性色素班とも呼ばれ、紫外線によって皮膚が光老化をおこすことにより、メラニン顆粒の増加が見られます。通常は紫外線から皮膚を守るために、いわゆる日焼けをしても、肌の代謝(ターンオーバー)が活発であれば、メラノサイトにより作られたメラニン顆粒も代謝されますが、老化により肌の代謝が悪くなり、メラニン顆粒が残ってしまった状態をいいます。悪性腫瘍との見極めも重要です。

(4)脂漏性角化症:20代後半から老化に伴い出現し、隆起した疣贅(いぼ)のように見えたり、有茎性のスキンタグのように見えたりし、顔から全身に出現します。加齢に伴い増加します。悪性腫瘍との見極めも重要です。

(5)ADM:色素が皮膚の深いところにあるので、茶に灰色が混じったような色で、両頬に3~5mm程度の円形の色素班が多発します。

治療法

そばかす

1064nmの波長で中空照射するピコジェネシスで非常に綺麗になります。1~2週間に1回の治療を10回治療して頂きます。少し難しい場合は、ナノ秒に切り替えて中空照射します。ダウンタイムはほとんどなく、治療可能です。それでも治療が難しい場合はそばかすを狙って532nmの波長でspot照射をする必要があります。その場合は二次性の色素沈着といったダウンタイムが出現する可能性があります。

エクセルVでフォトフェイシャル様照射が可能です。そばかすが反応すると、2週間程度黒く浮いてきて、その後薄くなっていきます。

肝斑

1064nmの波長で照射するピコジェネシスが非常によく効きます。1~2週間1回の治療を10回して頂きます。ただし、トランサミン, ビタミンC, ビタミンEの内服は必須です。反応が悪い肝斑の場合は針高周波治療(使用機器:POTENZA)を選択します。肝斑患者特有な表皮バリア障害の改善、血管周囲の炎症を抑えることにより難治性肝斑の改善が期待できます。

ピコジェネシスが合わない方は、エクセルVホワイトでの治療も可能です。

紫外線しみ

ぱらぱらと多くある場合は1064のピコジェネシスを1週間に1回を10回でダウンタイムなく薄くします。それでも残ったしみは532nmのspot 照射も必要になるかもしれません。 紫外線しみが少ない場合は、初めから532nmのspot照射でも治療可能です。ただしspot照射は2次性の色素沈着が出る方が全体の30%から40%程度おられるので、その場合はピコジェネシスをしつつ、内服や外用剤で半年から1年程度薄くなるのを待つことになります。

ご希望があれば、エクセルVホワイトでの治療も可能です。

脂漏性角化症

黒く隆起した色素班です。隆起が軽度ならenLIGHTenのspot照射で飛ばすこともできますが、隆起が大きい場合は、CO2レーザー(eCO2 Evolution)で削る必要があるかもしれません。

ADM

1064nm, 532nmのspot照射と中空照射を組み合わせ、治療します。色の原因となっているメラノソームが多いメラノサイトが皮膚の深いところの真皮にあるため、レーザーが反応する際に、周囲の血管にも作用してしまうため、2次性の色素沈着はほぼ必須で起こります。2次性の色素沈着が落ち着くまで半年から1年程度必要です。2回以上の治療が必要な方も多いです。

料金表

ピコトーニング+薬剤導入 ¥22,000
※1か月以内4回パス ¥77,000
1か月以内2回パス ¥38,500
ピコトーニング+薬剤導入+医師施術
(ピコspot または エコツーによる治療)
¥38,500
顔以外 ピコshotまたはエクセルVホワイトshot 10mm ¥16,500
ポテンツァ ¥55,000 (麻酔代含む)
ADM治療 1か月 ¥38,500 期間半年~1年程度
エクセルVホワイト+薬剤導入 ¥22,000
1か月 2回パス ¥38,500
エクセルVホワイト+薬剤導入+医師施術 ¥38,500

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME