べる皮ふ科専用診察アプリ
ダウンロードはこちら

バーコードをかざすだけで受付できる
チェックイン機能、次回ご予約表示など、
カードレスな診察券としてご活用いただけます。

その他、ポイント情報や診察履歴の確認、
お得なキャンペーン情報等を
お届けいたします。

メニュー

しわ・たるみ

使用機器

しわは小じわと大じわに分類でき、小じわは紫外線により表皮が委縮し乳頭層を失うことにより形成され、そこに表情などにより繰り返し負荷が加わることにより大じわ作られます。紫外線だけではなく、弾力変性が老化により促進されることにより、しわが形成されます。

日焼けをしないようにすることが重要で、繰り返す表情によりできるしわはボツリヌストキシン注射により、予防出来ます。

治療

作られてしまったしわは、例えるならアイロン的に熱(レーザー,高周波や超音波)でしわを伸ばします。
レーザー治療としては、エクセルVでロングパルスヤグレーザーを中空照射することによりヒートショックプロテインを出すことによりしわの治療を行います。肌の表皮を43度以上にすることによりコラーゲンの凝集を促し、表皮のコラーゲンの再生を促します。

ポテンツァは高周波RFを出す医療機器で、たるみに特化した機器です。ダイヤモンドチップを使用することで、モノポーラとバイポーラの両方の高周波を同時に照射することが可能となり、肌深部の組織熱を高めより肌の真皮層のコラーゲンを増やします。モノポーラとバイポーラ両方出ることにより、最小限の痛みで、より高い効果が実現できます。

超音波治療はいわゆるハイフと呼ばれており、当院ではウルトラフォーマMPTを使用します。高周波よりもっと深いところを熱凝固させて、たるみの治療を行います。ウルトラフォーマMPTはアプリケーターを変えることにより肌のどの深さ(1.5mm 2mm 3.5mm 4.5mm 6mm)に熱を入れるか選択でき、非常に高い効果を得ることが出来ます。またMPTは以前のウルトラフォーマよりも上位機種で、高周波をドットで入れることはもちろん、リニアー線状に入れることができ、より高い効果を得られます。

また1.5mmアプリケータではグルタチオン+39種類の活性物質(PDRN,ヒアルロン酸,アミノ酸,ナイアシンアミドなど)を導入することが出来ます。2mmアプリケーターと1.5mmアプリケータを使用してのダブルハイフシャワーもお勧めです。

更なるたるみ治療を希望される場合は糸によるリフトアップ治療、溶ける糸による引き上げ治療をご提案します。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME